腰椎分離症の禁忌について詳しく解説しています。

禁忌事項について


腰椎分離症の禁忌は、まず腰に負担のかかる動作をしないことです。そもそも腰椎分離症を起こす原因のひとつが腰への負担なのですから、これが禁忌とされるのは当然のことです。

スポーツ選手などはそのままスポーツを続けている人もいますが、こういった方たちは専門のトレーナーがついています。

また、仕事だからやらなければならないといった側面もあります。ですからこういった例外を除いた学生や趣味でスポーツをやっている方は、腰椎分離症になってしまったらまずは禁忌となる動作をしないこと、身体に負担をかけないことを考えてください。

腰椎分離症は充分に治療ができる疾患です。特に成長期を終える前の若い人であれば、骨が再び癒合することも期待できます。

一方で、腰椎分離症になってから長い時間が経ってしまっていたり、治癒能力の低下している高齢者の場合には腰椎分離症になったら骨が再びくっつくことは期待できません。

しかし、だからといって治らないというわけではありません。なぜなら、痛みの直接的な原因は炎症にあるからです。実際、レントゲンなどで確認すると腰椎分離症が確認できるのに、痛みなどが全く出ないという人もいます。

そのため若い人に対してはしばらく安静にして癒合を待つことが主な治療になりますが、そうでない場合には、運動療法や温熱療法などを活用して炎症を改善していくことになります。

この場合でも腰に負担をかけるのはもちろん禁忌となりますが、安静にしていることが最善というわけでもありません。

適切な運動療法や温熱療法を行うことは治療の一環として十分な効果があり、安静にし過ぎることは腰椎周りの筋力が低下するのでこれも禁忌だと言われることもあります。

腰椎分離症に合わせた運動療法を指導してもらって行うのが良いですが、近くに指導してもらえる場所がない場合には、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を一度実践してみてください。

このストレッチは、腰椎分離症の治療に30年以上携わってきた福辻鋭記先生が独自に開発された運動療法で、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんが短期間で症状を改善しています。

きっとあなたの腰椎分離症もこの福辻式ストレッチで解消できると思いますので、まずは一度詳しい内容を下記からご覧になってみてください。きっと、この方法があなたが悩んでいる腰の痛みや足の痺れを改善するきっかけになるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.