関連ページ5です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ5

関連ページ5について

腰椎分離症と加齢の関係

腰椎分離症は腰椎を構成している椎骨を椎間関節の骨折によって椎骨が不安定な状態になる病気で、症状が悪化することによって様々な症状を引き起こします。

この腰椎分離症は特にお年寄りが発症しやすい病気として知られており、多くのお年寄りが腰椎分離症による腰痛や手足の麻痺といった症状に悩まされています。一体どうして腰椎分離症はお年寄りが発症しやすい病気なのでしょうか。

腰椎分離症は椎間関節の骨折がきっかけとなって発症する病気なので、強い衝撃に耐え切れない身体の方は必然的に腰椎分離症になりやすいということになります。

そこで問題となるのが加齢による身体の組織の機能低下で、人間の骨や筋肉は加齢によってどうしても脆くなったり衰えていってしまうので、今まで耐える事が出来た外からの強い衝撃や普段の生活で溜まってくる負荷に耐え切る事が出来なくなってしまうため、腰椎分離症を簡単に発症してしまうのです。

歳を取ってからも腰椎分離症にならないためには、若いうちから丈夫な身体を作る事が大切です。歳を取ってからだと中々身体の強化を行なう事が出来なくなってきますし、激しいトレーニングを行うと返って身体を壊しかねないので、存分に身体を動かす事が出来るうちに身体作りを行なっていく事で、より強い身体をしっかりと作りこむ事が出来ます。

普段身体を動かさないという方は、毎日少しずつでもいいので身体を動かしたり、栄養バランスを考えた食事を摂るようにすれば、自然と丈夫な身体を作る事が出来るようになります。

腰椎分離症は世代を問わず発症する可能性がある病気といわれていますが、やはりお年寄りの患者数は非常に多く、腰椎分離症から脊柱管狭窄症を併発したせいで、身体を思うように動かす事が出来なくなってしまう方が大勢います。

そうなると治療にも時間が掛かり、辛い思いをする事が多くなるので、出来る限り健康なうちに対策を取るようにしておくことがやはり大事になってきます。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.