腰椎分離症の方が日常生活を送るときの注意点についてお伝えしています。

日常生活の過ごし方

腰椎分離症は普通の腰痛とは違い、後屈やひねりなどの動作でかなりの痛みを起こします。

また、ハードなスポーツを日常的に実行している子供さんに多く、大人になってから腰椎分離症を発症した場合は、子供の頃から20歳くらいまでにハードなスポーツをしたことがある方が大半を占めます。


また腰椎分離症での日常生活のポイントとしては、軽度の痛みであれば1~2週間程度安静にするだけでよくなりますが、症状がよくなっても骨が癒合しているわけではありませんので、できるだけ癒合まで待つことが大事です。

大体3~4ヶ月程度の安静治療で癒合するといわれています。その間はできるだけスポーツを避け、また生活の中で前屈や後屈の姿勢を取らないことも大事です。

また運動療法として腹筋や背筋のトレーニングが大切です。直に腹筋や背筋を鍛えることも大事ですが、ウオーキングなどは歩くだけで腹筋、背筋を使いますので、最も適しているトレーニングとも言えます。身体にあまり負担をかけることなく、筋肉を効果的に鍛えることができます。

また、脂肪を燃焼させることにより体重を落とすこともできます。体重が減ればその分、腰への負担を軽減することができますので、まさに一石二鳥です。

また、腰椎分離症では腰の痛みが全く出ない人もいます。この場合は日常生活やスポーツ活動などを制限する必要はありませんが、腰に無理な負担をかけることには要注意です。

重い荷物を持ったり、1日中デスクワークなどをした場合は、必ずストレッチなどをして腰をケアすることが大事です。そうしないといつ腰の痛みやしびれが襲ってくるか分かりません。

腰椎分離症の治療を受けていて、日常生活のケア方法で悩んでいる方には「福辻式ストレッチ」がお薦めです。

1日5分程度のストレッチを実行するだけで、腰椎分離症の予防、改善に高い効果があります。また、高齢者から子供まで誰でも簡単に行えるストレッチとなっていますので、安心して実践することができます。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、あなたの腰椎分離症はこの福辻式ストレッチで改善されるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.