腰椎分離症は早期発見することがとても大事です。

早期発見の重要性


腰椎分離症は早期発見が完治に繋がります。初期の段階で発見できれば、腰の椎弓は自然に元に戻る可能性もあります。

コルセットを使用して運動制限をしなければなりませんが、自然なままに戻すことができる可能性があり、スポーツも同じフォームで再開することができるようになります。

そもそもこの病気は腰椎の椎弓という部分に骨折がおこるもので、身体の成長期に過度にスポーツをすると発症するケースがとても多いと言われています。

また思春期にも多いですが、腰椎分離症は発育期の子供さんの発症例が特に多いです。サッカーや野球、柔道など、子供がハードなスポーツをする親にとっては、腰痛を訴えていないかどうか常に監視すべきです。

子供の腰椎分離症もやはり早期発見が大事です。治療方針も大きく変わってきます。早期発見した場合の自然治癒の確率は8割以上になります。また骨が比較的強い場合はその後から治療を開始しても半数以上は自然に治癒します。

早期発見できず、かなり病状が進んでしまった場合、リハビリがとても大変ですが、しっかり実行すれば日常生活に戻ることができ、またスポーツに復帰することもできます。長期離脱によっていろいろなマイナス面が出てきますが、しっかり克服することが大切です。

成長期の子供さんを含め、症状がいつまでも軽かったり、気にならないケースが多いのもこの腰椎分離症の特徴です。腰に違和感を感じたら、病院で定期的にレントゲン検査やMRI検査を受けるなどの対応策が必要です。

もしあなたやあなたのお子様が腰椎分離症で悩み、整形外科や整体院、カイロプラクティックなどにいくら通ってもなかなかよくならない、と悩んでいるのであれば「福辻式治療法」を一度実践してみることをお薦め致します。

この治療法は高齢者から子供まで幅広く対応しており、腰椎分離症やすべり症など、様々な腰の病を治すことができる治療プログラムです。

また、自然療法をメインとして治療を行っていきますので、身体にかかる負担も一切なく、継続して続けることができれば、個人差はもちろんありますが、およそ30日程度で腰椎分離症を改善することができます。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細を確認してみてください。きっと、この治療法があなたの悩みを解決に導いてくれるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.