腰椎分離症は手術をしないでも解消できます。

手術について

腰椎分離症は、先天的に骨が弱かったり、腰椎に異常があった場合や、激しいスポーツにより腰に負担がかかり、その負担が許容量を超えた場合に発生する腰の疲労骨折として発症する疾患です。

腰椎分離症になった場合、コルセットや筋トレなどを用いてのリハビリが主に行われています。

特に筋トレは腰椎を補助するための筋肉を鍛えることを目的としており、これを適切にこなすことで痛みを軽減することができます。

しかし、腰椎分離症の状態によっては手術が行われる場合があります。腰椎分離症は骨と骨が分離する症状、すなわち骨折であるという考え方がなされており、分離した骨同士を結合することで状態を修復し、元通りに治すことを目的として行われます。

そのため、切開部が大きくなり、結果として術後は長期間の安静とリハビリが必須となっていました。

しかし、実は痛みや痺れというのは骨の分離が発生したせいではなく、骨がその付近に存在する神経根を圧迫することが原因となって発生していることがほとんどです。

そのため腰椎分離症に対しては、先に述べた大きな手術は必要なく、神経根を圧迫している骨を切除することで神経根を開放しさえすれば、痛みや痺れは取ることができます。

その場合、大きな切開は必要なく、小さな切開で済ませることができるため、患者への負担を軽減することにもつながりますし、退院までの期間やリハビリ期間の短縮にもつながります。

しかし、症状が重く切除のみでは対応出来ないケースも、当然存在します。その場合は、症状を観察し、慎重に決定することになり、患者さんの要望や状況に応じて対応することになります。

このようなケースでは手術をしないと対応できない場合もありますが、ほとんどの場合は体を傷つけなくても腰椎分離症を改善させることはできます。

特に当サイトでお薦めている「福辻式治療法」は、今まで延べ50000人以上の患者さんが手術をしないで腰椎分離症を完治させている実績がありますので、とてもお薦めの治療法です。

もし、あなたが腰の痛みや痺れを完治させたいと考えているのであれば、「福辻式治療法」を実践してみてください。きっと、あなたの辛い症状を完治させるきっかけになるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.