整形外科に通い続けても腰椎分離症が改善されることは難しいと言えます。

まずは整形外科で画像検査

腰椎分離症を完治するには早期発見が重要になりますので、腰の痛みや痺れが出た場合、出来るだけ早い段階で整形外科に行き、まずは一度検査をしてもらうことが大事です。

腰椎分離症は椎間板ヘルニアなどと症状が似ているため、一度画像検査をしないと、何が原因で腰の痛みや痺れが出ているのか分かりません。

整形外科で一度、画像検査をしてもらえば、自分が何の腰の病気に犯されているかはっきりと分かります。そうすることにより、対処も早くなりますし、何より完治できる可能性が高まってきます。

画像検査は主にレントゲンとCT、MRIなどに分かれますが、一般的にはレントゲン検査が行われます。しかし最近では、MRIを導入している整形外科も非常に増えているため、レントゲンとMRIを同時に行い、多角的な角度から所見する医師が増えてきています。

また、整形外科では画像検査の他に問診や身体所見などが行われます。問診は主に、いつ頃から痛いのか、痛いのはどのあたりか、どんな時に痛むのか、など、基本的な質問の他に、以前に腰の病気にかかったことはあるのか、腰以外に痛いところはあるのかなどを質問されます。

次に身体所見や触診が行われ、医師の指示に従って身体を動かしたり、歩いたりします。この時の行動によって痛みなどが生じた場合、無理をせず正直に医師に伝えるようにします。

もし、痛みを我慢したり、隠し事をしたり、嘘をついたりすると、正しい診断ができなくなり、余計な手間が増えたりするので、正直に答えることが大切です。一度、整形外科に行けば、自分が腰椎分離症なのか、別の腰の病気なのか、はっきりと分かるはずです。

そしてもし、腰椎分離症と診断されたら、迷うことなく当サイトでお薦めしている福辻式治療法を実践するようにしてください。

福辻式治療法を実践すれば、腰椎分離症を改善できるだけでなく、腰の痛みや痺れを再発しにいくい体になることができます。

福辻式治療法の詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度治療法の詳細をご覧になってください。きっと、この福辻式があなたが長いこと悩んでいる腰の痛みや痺れを解消する第一歩になるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.