腰椎分離症を治したければ通院や入院をしないことです。

通院や入院をする必要はない!


腰椎分離症は10代の若い方に多い腰の病で、日常的にハードなスポーツを続けた場合などに発症しやすくなります。

また治療法としては、コルセットや鎮痛剤の服用で安静をとり、骨が癒合するのを待ちます。

子供さんの場合は骨癒合の可能性が高いのですが、20歳を過ぎた成人の場合、なかなか骨が癒合しませんので、根気よく治療を続けていくことになります。

また若い方でも1ヶ月以上コルセットで安静をとり、それでも癒合しないという場合があります。その場合、病院では通院よりも手術のために入院したほうが、と薦めることもあります。

腰椎分離症の手術法としては、腰部への圧迫を取り除く処置で十分な場合は内視鏡手術が主になります。腰部を切開して細い筒を挿入し、内視鏡を入れて圧迫している骨を削ります。

また内視鏡手術の場合は侵襲性が低く、入院期間は他の方法よりかなり短くなります。状態にもよりますが、1週間程度で退院するケースがほとんどです。

他には脊椎を固定する固定術があります。骨盤などから移植したり、人口の骨を移植したりします。しかし、手術は再発の可能性が否定できません。

実際、腰椎分離症の手術をしたおよそ80%以上の方が、術後再発に苦しめられたり、酷い方だと手術をした前よりも状態が悪化したという方もいるほどです。

ですので、腰椎分離症に関わらずどんな腰痛でも手術はお勧めしませんし、手術は受けないべきだと言えます。

腰椎分離症は通院や入院などをしなくても自宅で治すことが可能です。その方法を提案しているのが、腰椎分離症の治療に携わって30年以上の福辻鋭記先生です。

福辻鋭記先生の治療法では薬の服用や手術、ブロック注射などは一切しません。人間本来が持っている自然治癒能力だけを使って症状を治していきます。

ですから、体に負担をかけることはありませんし、痛みなどもほとんどありません。また、実際にこの方法で延べ5万人以上の方が腰椎分離症を改善している実績もあります。

もしあなたが、長いこと腰椎分離症に苦しめられているのであれば、福辻鋭記先生が提案している治療法を一度試してみてください。

詳しい内容は下記よりご覧いただけますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを苦しめている腰の痛みや足の痺れを改善する第一歩になるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.