腰椎分離症の予防法と対処法を解説しています。

予防法と対処法について

加齢による骨の変性や成長期におけるスポーツ障害として発生することが多いとされる腰椎分離症ですが、その予防法や対処法としては、どのようなものがあるのか。

腰椎分離症は、初期症状において自覚症状があまりないため、人によっては全く気付かないということもあります。

また成長期に限らず、スポーツ障害としてなかなか気付かずに症状が進行してしまっていることが多くあります。そのため、症状を発症してからの対処ではなく、まだ発症していない時期に予防していくことがとても大切になります。

腰椎分離症をスポーツ障害として考えた場合、多くのケースで、トレーニングや試合による身体のオーバーユースが原因となっています。このような場合には、適度に休息日を挟んで練習のスケジュールを組み立てていくことが、最も効果的な予防策となります。

特にスポーツが原因となっての腰椎分離症を発症しやすい年齢とされる、小学校中学年から中学校に掛けての期間においては、親御さんも子供の体調の変化に気をつけて見てあげるなど、注意が必要となってきます。

また、発症してしまった場合にも、腰椎分離症は「すべり症」を誘発することが多いため、すべり症にならないための注意、予防が大切となってきます。

腰椎分離症に対する治療としては、主に保存療法がとられ、まずはコルセットの装着をすることから始めます。

初期段階では安静が望まれることから、コルセットを装着している期間はスポーツ、あるいは重労働などを制限、または禁止しながら、しっかりと治療に努めることが重要となります。

そして、初期段階においての痛みなどが落ち着いてきたら、今度は逆に体を動かし、腰椎周りをサポートできる筋力をつけていくリハビリを取り組むことになります。このリハビリをしっかりと行うか、行わないかで、今後の状態が大きく変わってきます。

また症状が重く、保存療法を適用することが難しい場合には、外科手術を選択されるケースもあります。こちらでは、患者への負担を軽減するために、内視鏡を用いて、神経を圧迫しているずれた骨を削る方法が多く取られています。

このように腰椎分離症を予防したり、対処するには常日頃から自分の体の変化を感じ、何か違和感を感じたらすぐに専門家に診てもらうことが大事です。腰椎分離症を完治させるには「早期発見」これがポイントとなってきます。

もし、腰椎分離症を発症してしまい悩んでいるのであれば、当サイトでは「福辻式治療法」をお薦めします。

こちらの治療法では延べ50000人以上の方が短期間で症状を完治させ、元の日常生活に戻ることができています。

腰椎分離症を1日も早く完治させたいのであれば、「福辻式治療法」を実践してください。あなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.