腰椎分離症の治療法について色々とお伝えしているページです。

正しい治療法について


腰椎分離症と診断されると、腰部をサポートするコルセットを着用しての治療が始まります。また、発症した原因がスポーツによるものであれば、更なる悪化を防ぐため、そのスポーツはしばらく休止することが求められます。

また、それ以外が原因となっていた場合でも、基本的にスポーツは腰椎分離症の悪化を招きますので、しばらく止めることが必要です。

また、腰椎分離症の治療を進める場合、必ず専門家に診断を仰ぎ、今後の方針を決めてもらってください。間違っても自己判断で勝手な行動をとってはいけません。下手をすると腰椎分離症の悪化を招き、完治が難しくなってしまう可能性があります。

まずはほとんどの場合、コルセットを腰部に装着して安静にし、痛みが落ち着つくのを待ちます。そして、次の段階として、腹筋、背筋、大腿四頭筋などの腰を支えている周辺の筋力を鍛えていきます。

これは、腰を筋肉で補助するためです。この鍛え方についても、自己診断では行わず、必ず専門家の指示を守るようにしてください。

よく整形外科などでは、コルセットを装着したらいつまでも安静を求められることがありますが、いつまでも安静にしていると、腰周りの筋肉や腱が衰え、逆に症状を悪化する原因になります。

ですので、初期段階を過ぎ、痛みがある程度落ち着いてきたらコルセットを外し、腰周りの筋力トレーニングなどのリハビリを開始するようにしてください。


腰椎分離症を完治させるには、腰部周りの筋力強化は必須です。整形外科医の言うことを聞いて、いつまで安静にしても症状が改善されることはないということを知ってください。

ですが、成長期の場合はコルセットを着用しながら安静を保つことで骨癒合が得られる可能性があります。

しかし、成長期は腰椎分離症を発症する可能性が最も高い時期でもありますので、骨癒合の可能性を高めるためにも、腰椎分離症の早期発見が重要になってきます。

特に小中学生の時期は、スポーツにのめり込むあまり、症状を我慢してしまい発見が遅れる、というパターンが非常に多くなっています。中には、部活引退後、腰の痛みが続き、そこで初めて腰椎分離症と診断される場合もあります。

一旦症状が軽くなってくると、一定レベルの運動を許可される場合がありますが、運動中に痛みが出てきた場合は、直ちに運動を中止し、安静にします。決して無理をしないことが、腰椎分離症克服への近道なのです。

もし、腰椎分離症で悩んでいるのであれば「福辻式治療法」を実践することを強くお薦めします。この方法で延べ50000人以上の患者さんが早期に腰椎分離症を完治しています。

きっと、今あなたが抱えているお悩みも福辻式で解決できるはずです。まずは下記より、福辻式の詳細をご覧になって頂ければと思います。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.