腰椎分離症の完治を目指すなら福辻式治療法をお薦めします。

完治する秘訣について


腰椎分離症は完治させることは可能なのか、というご質問を多くの方からいただきますが、結論から言えば、完治は十分可能です。

腰椎分離症というのは、腰椎の椎弓部が分離してしまう症状を言います。そのため、完治は「骨が再び癒合する」ことだと定義できます。

腰椎分離症には、「初期」、「進行期」、「終末期」の3つの進行度合いが存在します。

この症状の進行度合いによって、骨が癒合する確率が異なってきます。そのため、腰椎分離症そのものがいつの段階で発生していたかということが非常に重要になってくるわけです。

進行度合いが「初期」のものであれば、統計的に約90パーセントの骨癒合率が見込めます。また、その次の段階である「進行期」であっても、統計的に約70パーセントの骨癒合率が見込めます。

これらに共通して言えることは、「早期発見がなされたケース」であるということです。早く発見できれば、それだけ高い確率で完治できるということです。

しかし、発見が遅れた場合、「終末期」となっていることが多くなります。そうなった場合、骨癒合率は一気に低下し、全く癒合しないというケースもあります。そうなった場合には、完治を目指した治療ではなく、痛みを軽減することに切り替えていきます。

最初は痛みを抑えるためにコルセットなどを用いながら安静にしつつ、痛みが治まってきたら、徐々に腰部を補助できる筋肉を鍛えるための筋力トレーニングなどを行っていきます。

また、痛みがどうしても引かないケースに関しては手術を行い、神経を圧迫している部位の切除を行うこともあります。これらのケースでは、いかに痛みをコントロールするか、という点を重要視しています。

このように腰椎分離症を完治させることは可能です。もし、腰椎分離症を1日でも早く完治させたいと考えているのであれば、「福辻式治療法」を実践してください。

この方法で今までに50000人以上の患者さんが、短期間で腰椎分離症を完治しています。もし、何をやってもなかなか症状を完治することができない、と悩んでいるのでしたら、福辻式を実践してください。きっと、あなたのその辛い症状を改善するきっかけになるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.