腰椎分離症が子供にどのくらい発症するのかその確率をお話ししております。

子供の発症率について

腰椎分離症というと、お年寄りが掛かりやすいイメージがありますが、お年寄りと同じように子供も非常になりやすいといわれています。

一体どうして対照的なお年寄りと子どもが腰椎分離症になりやすいのでしょうか。


腰椎分離症は、腰椎や頚椎といった部位の椎間関節が骨折することで、椎骨が不安定になり、痛みを引き起こす病気です。特に腰に大きな負荷を与え続ける人や、そうした負荷に耐え切れるような筋力を持っていない人が掛かりやすいと言われています。

お年寄りの場合は、主に加齢による骨や筋肉の劣化が原因となり、子供の場合は体全体が未成熟な時期に、激しいスポーツをすることなどが原因とされています。

そのため理由は違えど、どちらも身体がさほど丈夫じゃないために、腰椎分離症になりやすいと言えます。また、子どもとお年寄りでは治療の仕方に大きな差があります。

子供の場合は、早期治療さえ出来れば骨も元の状態に再生することができ、以前と変わらない生活を送ることができたりと、全快する可能性が大いにあります。

しかし、お年寄りの場合は、骨が再生する可能性はほとんど無く、今まで通りの生活を送れるようになるのはなかなか難しいとも言われています。

ですが、当サイトがお薦めしている「福辻式治療法」では、子どもからお年寄りまで対応でき、ほとんどの患者さんが腰椎分離症を完治しております。

ですので、福辻式治療法を実践すれば、子どもでもお年寄りでも短期間で腰椎分離症を完治させることが可能です。

もし、腰の痛みや痺れがなかなか治らないと悩んでいるのであれば、すぐにでも「福辻式治療法」を実践してみてください。きっと、あなたやお子様のその辛い症状を改善する第一歩に繋がるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.