腰椎分離症の原因について詳しくお話ししております。

原因について

腰椎分離症は体が成熟していない子供の頃に激しい運動を行ったり、加齢などによって骨が疲労骨折を起こしてしまうことが原因で起こります。

腰椎には椎弓というリング状の構造をした部分があり、激しい運動をすることでその部分に負担がかかり、それが続くと、ひびが入ります。

これが疲労骨折です。これが酷くなると、腰椎分離症を引き起こします。

そして、腰椎分離症を発症しやすいのは高齢者のほかに成長期にある子供です。子供は元気に走り回ったり、サッカーや野球など、腰に負荷のかかる激しいスポーツを積極的に行うので、腰椎分離症になってしまうことが多くなります。

運動前の準備体操や運動後のクールダウンを怠るなどすると、さらにその可能性は増えます。ですので、サッカーや野球などの激しいスポーツをしている成長期の子供がいるご家庭では、常に気を配ってあげることが大切です。

また、疲労骨折の他にも高齢者に多い骨粗鬆症や、老化による骨の弱化が原因で発症する場合があります。

また、生まれつき骨の弱い人がかかりやすいと言われていますので、若い頃から強い骨を意識的に作ることが、予防する対処法とも言えます。

腰椎分離症は発症してもなかなか気づかないまま放っておいてしまう人が多いようですが、発見が遅すぎると手術を行わなければならなくなる場合があります。

ですので、腰に不自然な痛みを感じた場合にはただの腰痛だと自己分析しないで、出来るだけ早く専門家に診てもらうことが、早期改善の近道となります。

腰椎分離症は発症してしまうと対処することがなかなか難しい病気ですので、腰の痛みには常に気を配ることが大切です。

もし、腰椎分離症を発症してしまい悩んでいる方は、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践してください。

こちらの治療法で延べ50000人以上の患者さんが腰の痛みや痺れを短期間で完治されております。

まずは下記より「福辻式治療法」の詳細をご確認ください。きっと、この方法があなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善させるきっかけになるはずです。

→腰椎分離症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.