関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページについて

腰椎分離症とサッカーの関係性について

腰椎分離症は一昔前までは先天性の要因である、生まれついての骨の強さや弱さ、異常などによるものと考えられてきました。しかし、スポーツ医学の進んだ今日においては、スポーツを始めとして、荷物運びなどの重労働などの要因によっても発生するものと考えられています。

そのスポーツの中でも、サッカー選手は腰椎分離症を発症する可能性が大きくなります。というのも、腰椎分離症は腰部に長期間にわたって負担が蓄積し、その負荷が許容量を超えた際に発生する疲労骨折だと考えられています。

そのため、走り続けたり、ボールを蹴る動作によって腰部に負担がかかりやすいサッカー選手によく発症する疾患とされています。特に、成長期にサッカーをしていた場合、腰椎分離症になる可能性が増加します。成長期はそもそも、サッカーに限らず、腰椎分離症になりやすいとされているためです。

また、子ども時代であればなおさら無理をしがちなため、いつの間にか症状が進行していたというケースも、決して珍しくありません。しかし、腰椎分離症を発症したからといって、スポーツ生命が絶たれるわけではありません。

腰椎分離症は適切な治療やリハビリを行えば、骨癒合の見込みもありますし、骨癒合が見込めなくとも、多くの場合、筋トレなどで腰部を補助する筋肉を鍛えるなどを行い、痛みを抑えることも可能です。

もちろん、サッカーを始めとしたスポーツへの復帰も決して不可能ではありません。ただ、もちろん骨癒合が可能なのであれば、それに越したことはありません。そのためにも、出来る限り早期の発見が大事になります。

腰の痛みが続いてなかなか痛みが引かなかったり、なんだか腰が重いなどといった症状が見られる場合には、早めに診断を受けることが大切です。発見が早ければ早いほど、癒合率は高くなります。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.