関連ページ3です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ3

関連ページ3について

体操の重要性

腰椎分離症の方は毎日体操を行うことがお勧めです。毎日体操をすることで、腰椎分離症を発症しにくい身体を作ることが出来ます。

また、スポーツをする時は必ず準備体操をするようにしてください。最低限の準備体操はしっかりとしておかないと、怪我をするだけでなく、腰椎分離症を発症するリスクが高まります。

筋肉が固まっている状態でスポーツをすると怪我のもとになるだけでなく、筋肉が固まっていることで体に負担を大きくかけることになります。

そして、腰椎分離症だけでなく様々な腰の病気を発症してしまう可能性が高まります。ですので、スポーツの前は必ずしっかりと準備運動をしておくことが必要です。

また、体操をする上での注意点としては、しっかりと伸ばすことを意識して行うことです。伸ばすことを意識して行うと筋肉の柔軟性が高まり怪我をしにくくなります。

筋肉の柔軟性が増して血行が良くなると、怪我をしにくい身体になりますので、毎回スポーツをする前に入念にやっておけば、腰椎分離症を発症するリスクが低くなります。

また、その他の腰の病気を引き起こさないためにも、しっかりと準備体操を行うことをお勧めします。このように体操を行うということは、スポーツをする前でも日常生活でもとても大事なことです。

筋肉を常に柔軟にして且つ血流を良くすることで、腰椎分離症だけでなく様々な腰の病気を防ぐことができます。

腰椎分離症はとても辛い腰の病気です。発症させないためにも体操を日々習慣化して、発症するリスクを少しでも低減できるよう日々努力をしてみてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 腰椎分離症を治す会 All Rights Reserved.